北海道ニュース UHB

【北海道の天気 1/25(火)】札幌は急ピッチで積雪増 2月下旬には1メートルか

2022年1月25日12:10
(菅井貴子気象予報士が解説) 正午現在

◆けさの最低気温
けさは放射冷却で冷え込みました。
帯広は今冬一番の‐17.3℃まで下がったほか
北見は‐20℃を下回りました。
全国で最も気温が低くなったのは占冠村で‐24.9℃でした。

◆きょうの天気
札幌北区、東区、江別市周辺はにわか雪の可能性がありますが、
降雪量は5センチ以下です。
そのほかは広い範囲で晴れるでしょう。
日差しで雪の表面が解け、屋根からも滑り落ちやすくなりますので、
落雪やつららにも気を付けて下さい。

◆きょうの気温
道東はきのうに比べて2℃前後低く、
日中も厳しい寒さが続くでしょう。
道南は3℃前後まで上がり、2月下旬並みの気温です。
路面の雪や氷が緩みますので、移動はご注意下さい。

◆積雪のピークは?
平年だと、積雪が最も深くなる時期は2月20日ごろです。
今年は急ピッチで積雪が増えていて、
札幌はすでに平年よりも20センチ以上も多く90センチです。
この先の降雪量は平年並みと予想されていますので、
2月下旬には8年ぶりに1メートルを超えてしまうかもしれません。
穏やかな天気のうちに除排雪を進めて、道も整えておきましょう。

◆週間予報
あすも晴れて穏やかですが、日中は雪がとけますので、事故にも気を付けて下さい。
金曜日以降は、強い寒気が流れ込み、
日本海側はふぶく所が多くなりそうです。
日曜日が寒さのピークとなりそうです。函館など道南でも最高気温が‐5℃です。
来週になると、厳しい寒さは幾分ゆるみそうです。

直近のニュース