北海道ニュース UHB

【クロスカントリースキー】石田正子41歳で5大会連続出場へ意欲を語る

2022年1月26日17:00
 ノルディックスキークロスカントリーの北京五輪代表に決まった北海道美幌町出身の石田正子選手(41)が25日(火)オンラインで取材に応じました。

 石田選手は2006年のトリノ五輪に初出場、2010年のバンクーバー五輪では女子30kmクラシカルで冬季オリンピック史上、アジア勢最高位となる5位入賞を果たすなど日本女子クロスカントリースキーの第一人者として活躍。北京五輪で5大会連続出場となりました。

 五輪に対して特別な意識はしていないとしながらも、目標を問われると

 「しっかりとスキーと自分の体がかみ合えば良い成績を出せると思うので、まずは20位以内に入りたいと思っている」とコメント。

 また出場が予想されるリレーについては

「4人で走るので他の人に迷惑をかけてしまうので失敗はできないと思うのと、最近は一走が多いが失敗できないプレッシャーはある。しっかり4人で力を合わせて頑張るのと、求められている成績に少しでも近づきたい」と語り経験豊富なベテランが5大会連続となる大舞台へ意気込みを語りました。

 ◆北京五輪で実施される距離スキーの女子種目

 2月5日(土) 7.5km + 7.5km スキーアスロン
 2月8日(火) スプリント・フリー(スケーティング)
 2月10日(木) 10kmクラシカル
 2月12日(土) 4 x 5km リレー
 2月16日(水) スプリント団体クラシカル
 2月20日(日) 30kmマススタート・フリー(スケーティング)

 ※日本選手の出場種目は現地で決定。石田正子選手はスキーアスロン、およびクラシカルの長距離種目への出場が見込まれる。

直近のニュース