北海道ニュース UHB

2人死亡 初2000人超北海道…「医療機関や施設」計9つクラスター "アイスホッケー試合"155人に

2022年1月26日18:50
 北海道は1月26日、新たに新型コロナウイルスへの感染が確認された2091人(うち再陽性33人)のうち、北海道発表分861人の詳細を発表しました。

 26日は北海道内で死者が2人確認されました。札幌市の80代と90代の男性です。北海道内での死者の発表は3日連続です。

 感染者は北海道発表分861人、札幌市953人(うち再陽性32人)、旭川市92人(うち再陽性1人)、函館市143人、小樽市42人です。小樽市以外は過去最多です。

 北海道全体で初めて2000人を超え、1500人超は6日連続に。前週の同じ曜日を23日連続で上回っています。

 7日間合計では11493人で、前週と比べ約2.4倍、札幌市は約2.5倍で、増加傾向が続いています。

 人口10万人あたりの1週間の新規感染者数は北海道「219.8人」、札幌市「303.7人」、旭川市「104.4人」となりました。

 北海道は21日に「レベル2」に引きあげ、「まん延防止等重点措置」を国に要請。当初設定した3つの指標、「病床または重症病床使用率」「新規感染者数」「療養者数」すべてが4日連続で上回っています。

 北海道発表分として新たなクラスターが5つ確認されました。
●滝川市立病院(滝川市):6人
 入院患者2人の陽性が1月22日に判明し、濃厚接触者の検査を進めたところ、計6人(職員1人、入院患者5人)の感染が確認されました。

 40代から90歳以上で、中等症と軽症または無症状。これまで83人にPCR検査をしています。

●有料老人ホーム(石狩地方):15人
 職員1人の陽性が1月17日に判明し、濃厚接触者の検査を進めたところ、計15人(職員13人、入居者2人)の感染が確認されました。

 20代から90代で、軽症または無症状。これまで66人にPCR検査をしています。

●医療機関(苫小牧市):37人
 入院患者1人の陽性が1月17日に判明し、濃厚接触者の検査を進めたところ、計37人(職員18人、入院患者19人)の感染が確認されました。

 20代から90代で、軽症または無症状。これまで390人にPCR検査をしています。

●介護保険施設(日高地方):10人
 入居者1人の陽性が1月20日に判明し、濃厚接触者の検査を進めたところ、計10人(職員3人、入居者7人)の感染が確認されました。

 20代から90代で、軽症または無症状。これまで151人にPCR検査をしています。

●美幌療育病院(美幌町):23人
 職員1人の陽性が1月21日に判明し、濃厚接触者の検査を進めたところ、計23人(職員14人、入院患者9人)の感染が確認されました。

 20代から80代で、軽症または無症状。これまで347人にPCR検査をしています。

 またこれまでのクラスターも拡大しています。
●グループホーム(江別市)
 新たに1人確認され、計11人に

●グループホーム(石狩地方)
 新たに1人確認され、計13人に

●医療機関(石狩地方)
 新たに1人確認され、計14人に

●事業所(伊達市)
 新たに1人確認され、計48人に

●認定こども園「京王幼稚園」(伊達市)
 新たに2人確認され、計23人に

●北海道平取養護学校 寄宿舎(平取町)
 新たに1人確認され、計18人に

●グループホーム(北斗市)
 新たに1人確認され、計8人に

●特別養護老人ホーム(東神楽町)
 新たに16人確認され、計28人に

●障がい者支援施設(帯広市)
 新たに2人確認され、計41人に

●帯広第一病院(帯広市)
 新たに7人確認され、計99人に

●障がい福祉サービス事業所(帯広市)
 新たに3人確認され、計32人に

●アイスホッケークラブチームの試合(釧路市)
 新たに7人確認され、計155人に

 この試合は、15日と16日に釧路市内で行われた「ひがし北海道クレインズ」と「東北フリーブレイズ」の試合で、北海道は来場した人で体調に不安のある人はかかりつけ医か相談センターへ連絡するよう呼びかけています。

【北海道新型コロナウイルス感染症健康相談センター】
 0120-501-507(24時間対応)

●医療機関(釧路地方)
 新たに1人確認され、計6人に

●水産関連の事業所(根室市)
 新たに1人確認され、計36人に


【1月26日 北海道発表分の感染者情報】
 ▼空知地方:61人
 ▼石狩地方:229人
 ▼後志地方:29人
 ▼胆振地方:92人
 ▼日高地方:15人
 ▼渡島地方:34人
 ▼檜山地方:1人
 ▼上川地方:61人
 ▼留萌地方:5人
 ▼宗谷地方:26人
 ▼オホーツク地方:91人
 ▼十勝地方:56人
 ▼釧路地方:125人
 ▼根室地方:11人
 ●その他:6人
 ■北海道外:19人

 ●年代
 ・10歳未満~90歳以上(30代以下555人、全体の約6割)

 60人は入院(宿泊療養施設含む)中、9割を超える801人は調整中です。

 2091人中、6割近い1215人の感染経路が不明で、重症者は前日と変わらず「0」です。重症者がいないのは42日連続です。

 26日の新たなクラスターは札幌市の「サービス付き高齢者向け住宅」で12人、「医療機関」で5人、旭川市の「娯楽施設」で5人、「旭川市立永山南小学校」で5人確認され、北海道内で計9つです。

 またクラスターも拡大しています。
【札幌市】
・458例目「北海道警察学校」
 新たに16人確認され、計36人に
・462例目「サービス付き高齢者向け住宅」
 新たに1人確認され、計16人に

【旭川市】
・「旭川高砂台病院」
 新たに1人確認され、計18人に
・「豊岡中央病院」
 新たに4人確認され、計15人に

【小樽市】
・建設事業所
 新たに1人確認され、計7人に
・「小樽市立花園小学校」
 新たに3人確認され、計11人に
・「小樽市立潮見台小学校」
 新たに4人確認され、計14人に

 北海道は27日から適用される「まん延防止等重点措置」で飲食店には時短要請をし、「第三者認証」を受けている店は酒類を提供する場合午後9時まで、提供しない場合は午後8時まで。「非認証店」は酒類の提供はできず、午後8時までとします。感染リスクの高い場所への外出・移動自粛や都府県間の不要不急の移動自粛、基本的な感染対策の徹底を呼びかけています。

 政府は北海道を含めた18道府県に「まん延防止等重点措置」を新たに適用を決定。期間は27日から2月20日までで、重点措置は計34都道府県に拡大します。

 北海道内の感染者は、計78633人となりました。

直近のニュース