北海道ニュース UHB

続々発生中 現金をだまし取られる高齢者たち またしても還付金詐欺 「詐欺電話が来たら#9110」

2022年5月19日14:45
 5月16日から18日にかけて、札幌市を中心に高齢者が多額の現金をだまし取られる「還付金詐欺事件」が相次いで発生しています。

 5月17日、札幌市北区に住む60代の男性のもとに、国民健康保険の担当職員を名乗る男から「国民保険料などの還付金がある。手続きをするので振込先の銀行を教えてください」などと電話がありました。

 続けて、銀行職員を名乗る男からも電話があり「自動振り込みの手続きをするので、ATMコーナーに行ってください」との電話がありました。

 男性は話を信じ、無人のATMコーナーで男の指示された通りに操作をして他人名義の口座に現金約100万円を振り込みました。

 さらに、翌18日にも金融機関の副店長を名乗る男から電話があり、男性は無人ATMや金融機関で同様の操作をし、他人名義の口座に約350万円を振り込みました。

 男性は2日間にわたり合計約450万円をだまし取られました。

 5月16日から18日にかけては、札幌市東区で、同様の手口で60代の女性が約50万円、60代の男性が約91万円。旭川市でも60代の男性が約100万円をだまし取られています。

 また、5月16日には札幌市東区に住む80代の女性が、息子を名乗る男から「電車に荷物を忘れ大事な物がなくなった。お金が必要になった」などと電話を受け、自宅に受け取りに来た男に現金100万円とキャッシュカードをだまし取られる事件も起きています。

 警察は「ATMを操作して還付金が受け取れるという電話は詐欺です」と注意を呼びかけるとともに「詐欺電話が来たら#9110」と警察相談専用電話に連絡するよう呼び掛けています。

直近のニュース