北海道ニュース UHB

「なんとしても見つけたいという思い…」大規模捜索最終日 海保や漁船も参加するも手掛かり見つからず

2022年5月31日21:35
 知床沖で観光船が沈没した事故で、5月31日も巡視船と漁船などが参加して大規模な捜索が行われています。

 知床沖で観光船カズワンが沈没した事故では今も12人の行方が分かっておらず、海上保安庁は29日から31日まで態勢を強化して大規模な捜索にあたっています。

 田中 うた乃 記者:「一斉捜索の最終日、これから漁船が捜索に向かいます」

 馬場 隆 斜里町長:「なんとしても見つけたいという思いはみんな強いと思う。きっと探し続けてくれると思います」

 一斉集中捜索としては最終日となる31日は民間の観光船や漁船なども加わり、海上保安庁の巡視船と約44隻態勢で捜索が行われましたが、これまでに新たな手掛かりは見つかっていません。

 佐藤 創 記者「知床遊覧船の桂田社長が海進から降りてきました」

 一方、網走港では31日も運航会社の桂田社長立ち会いのもと、観光船カズワンの船体の調査が行われました。

 カズワンは、6月1日網走港に陸揚げされる予定でトレーラーに台座をつけるなどの準備が進められています。

直近のニュース