北海道ニュース UHB

ファイターズ新球場"日本初の可動式屋根と天然芝"最終動作テスト 青空の下試合観戦も…北海道

2022年6月9日11:55
 北海道北広島市で建設中のファイターズ新球場では、可動式の屋根の最終動作テストが6月9日朝から行われています。

 八木 隆太郎 キャスター:「長さ130メートルの巨大な屋根が今、ゆっくりとゆっくりと動いています。今後、内装の工事が本格化します」

 北広島市で建設中の新球場「エスコンフィールド北海道」は、開閉式の屋根と天然芝を併せ持つ日本初の球場で、天気が良い日には青空の下、試合観戦を楽しむことができます。

 9日は午前8時30分ごろから屋根の動作テストが始まり、重さ1万トンの屋根が58mの距離をゆっくり動いていきました。

 午後4時すぎには完全に閉まる予定で、今後は座席や天然芝など球場内部の工事が本格化する予定です。

 新球場は2023年3月に開業し、温泉やビール醸造所、グランピングなど様々な施設ができる予定です。

直近のニュース