北海道ニュース UHB

ロシアのウクライナ侵攻の影響… 北方領土周辺のコンブ漁 例年より3週間遅れで解禁 220隻が出発

2022年6月22日18:55
 ロシアによるウクライナへの軍事侵攻の影響で、大幅に遅れていた北方領土・貝殻島周辺のコンブ漁が6月22日から始まりました。

 午前6時ごろ大勢の人が旗を振って見送る中、220隻の漁船が根室市の港を出発。

 目指すのは約3.7km先の貝殻島周辺の漁場です。

 歯舞漁協 小倉 啓一 組合長:「安堵します。本当に嬉しいです。今年は特別な意味で嬉しいです」

 コンブ漁は例年6月1日に解禁されていましたが、2022年はロシアのウクライナ侵攻の影響で3週間遅れました。

 コンブの量は少ないということです。

 貝殻島周辺のコンブ漁の操業期間は2021年と同じ9月30日までです。

直近のニュース