北海道ニュース UHB

携帯電話を車に置いたまま…タケノコ採りの80代男性死亡 知人5人と入山するも行方不明に ニセコ

2022年6月27日09:11
 北海道ニセコ町の山で6月26日朝、前日から知人とタケノコ採りに出かけたまま行方不明になっていた男性が倒れているのが見つかり、その場で死亡が確認されました。

 死亡したのは、札幌市北区太平に住む無職の男性(85)です。

 男性は25日午前6時ごろからタケノコを採るため、ニセコ町ニセコアンヌプリに知人5人と一緒に入山。

 しかし約2時間後、車を止めていた場所に男性だけが戻らなかったため、同日午前11時30分ごろ知人が110番通報をしました。

 同日、警察や消防などで男性を日没まで捜索しましたが見つからず、翌26日は午前6時ごろから捜索を再開していたところ、山の標高650メートル地点の沢で、うつぶせで倒れている男性を警察官が発見。

 消防により26日昼ごろ、現場で男性の死亡が確認されました。

 警察は、男性がタケノコ採りの最中に崖から滑落した可能性もあるとみて、事故原因と死因を調べています。

 また、男性は携帯電話を車に置いたまま入山していたことから、警察は山菜採りの際は携帯電話持って入山するよう注意を呼び掛けています。

直近のニュース