北海道ニュース UHB

「月5000円な」"みかじめ料"数年間で計26万円脅し取る 暴力団員ら逮捕 被害は滝川市の飲食店

2022年6月27日09:49
 北海道滝川市にある飲食店から"みかじめ料"を数年間脅し取ったとして6月26日、暴力団員の男と会社役員の男が逮捕されました。

 恐喝の疑いで逮捕されたのは、滝川市に住む六代目山口組三代目弘道会福島連合の構成員・三浦昭三容疑者(45)と、知人の同市の会社役員、貸場裕樹容疑者(42)です。

 2人は滝川市内で飲食店を経営する20代男性に対し、「月5000円な」などといって、みかじめ料(なわばり代)を要求し、2022年6月までの数年間で現金計約26万円を脅し取った疑いがもたれています。

 2022年に入り別の事案を捜査していた際、男性から被害の相談があり、容疑が固まったため26日、2人を逮捕しました。

 警察によりますと、三浦容疑者が脅し役を担い、貸場容疑者が金を取り立てていたとみられています。

 警察は2人の認否を明らかにしていませんが、同様の被害があるとみて滝川市内の飲食店などに聞き込みをして、余罪を調べています。

 また、今回被害を受けた男性が「相手が暴力団員であったことから"みかじめ料"の要求を拒否できず、恐怖で被害を申告できなった」という話をしていることから、同様の被害を受けている店があれば滝川署(0125-24-0110)まで連絡をしてほしいと呼びかけています。

直近のニュース