北海道ニュース UHB

死亡は高校生の娘(16)と母親(41)と判明… 未明の“アパート火災” 隣の住宅の車も燃える

2022年8月9日19:20
 8月8日、北海道・苫小牧市でアパートなどが燃えた火災。死亡した女性2人は41歳のパート従業員と16歳の高校生の親子であることが判明しました。

 この火災は8月8日午前1時ごろ、苫小牧市泉町1丁目にある2階建てのアパートなどが燃え、住民の女性2人が死亡したものです。

 警察はこの2人の身元の特定を進めていましたが8月9日、アパートの2階に住むパート従業員の清水久美子さんと、娘で高校生の清水音々さんだったことがわかりました。

 この火事ではアパートに隣接する住宅の車庫にあった車も燃えていました。警察は火が出た原因を詳しく調べています。

直近のニュース