北海道ニュース UHB

北海道 南西部で"再び"大雨 100ミリ超えも 函館市の一部など避難指示 JR運休53本 移動に影響

2022年8月12日09:20
 北海道内は8月12日朝、南西部を中心に再び大雨となっていて、土砂災害や低い土地の浸水などに警戒が必要です。

 道内は、日本海側西部と太平洋側南部を中心に、12日午前5時までの24時間降雨量が100ミリを超える大雨になっています(新冠町114ミリ、知内町105.5ミリ、函館市戸井泊102.5ミリなど)。

 12日午前6時現在、函館市榎本町と御崎町で避難指示が出されています(榎本町は午前6時13分に解除)。

 13日夕方までに予想される雨の量は、南西部で60ミリとなっていて、土砂災害や低い土地の浸水、河川の氾濫に警戒が必要です。

 JR北海道は、特急北斗1~4号、とかち1~4号、おおぞら1~4号など特急12本、快速・普通41本の計53本の運休を決めていて、お盆休みの移動にも影響が出そうです。

直近のニュース