北海道ニュース UHB

【北海道の天気 11/29(火)】午後は南西部で激しい雷雨に注意!あすは日本海側で雪…大雪のおそれも

2022年11月29日12:10
(吉井庸二気象予報士が解説) 午前11時45分現在

◆29日(火)午後の雨雲予想
道内は、低気圧の通過で、広い範囲で雨が降っています。
午前11時現在、後志や檜山地方で雨が強まっているところがあります。

29日(火)午後は、発達した雨雲が南西部を通過していく予想です。
雷を伴って激しく降るおそれがあります。
落雷やひょう、突風などにも注意が必要です。

◆29日(火)正午から30日(水)9時までの天気
・道央と道南
29日(火)の昼過ぎから夕方にかけて、雨の強まる時間がありそうです。
江差は、午後3時ごろに雷雨となるおそれがあります。
風も強く、長靴やレインコートがあるといいでしょう。

・道北とオホーツク海側
夜は道北から次第に雨がやみそうです。
北西風が強まり、気温も下がりそうです。
あす30日(水)朝は雪の積もる所はほとんどありませんが、
昼前から降り方が強まりそうです。

・太平洋側
特に、日高地方の山沿いを中心に雨量が多くなりそうです。
川の増水にもご注意ください。
29日(火)午後6時ごろは、道東で横殴りの雨になりそうです。

◆週間予報
・日本海側とオホーツク海側
30日(水)から12月1日(木)は、道北を中心に大雪となるおそれがあります。
1日(木)朝は、広く雪かきが必要となりそうです。
札幌もうっすら積もるおそれがあります。
沿岸部は、猛吹雪にもご注意ください。

・太平洋側
30日(水)午後は、西部を中心に雪が積もる所がありそうです。
朝晩は氷点下、日中はプラス気温となり、ツルツル路面にも注意が必要です。
来週前半にかけて、雪の降りやすい状況が続きそうです。

直近のニュース