北海道ニュース UHB

「窓は割れ、周囲は真っ黒…」道庁"赤れんが庁舎" 隣で火事 シンボル"八角塔"は無事 実況見分始まる

2022年10月3日11:58
 10月3日未明に火災があった、北海道庁赤れんが庁舎の見学施設の前から現在の様子を伝えてもらいます。

 (以下、石川 広大 記者の中継報告)

 道庁赤れんが庁舎に隣接する見学施設です。

 激しい炎が噴き出した建物最上階、3階部分の窓は割れ、その周囲は真っ黒に焼け焦げています。

 1時間ほど前からは警察と消防の実況見分が始まり、3階を中心に調査が行われています。

 そして、1階には赤れんが庁舎のシンボル、八角塔が保管されていますが、大きな損傷はないということです。

 この建物は赤れんが庁舎の改修に伴い、取り外された八角塔を間近に見られる見学施設として、10月上旬にオープンする予定でした。

 3階には展示物のほか照明器具が置かれていたということで、警察などが出火原因を調べを進める方針です。

直近のニュース