北海道ニュース UHB

北朝鮮ミサイル発射 「漁の最中 落ちてきたら怖い」北海道民の不安の声 JRや地下鉄は一時運転中止

2022年10月4日11:54
 10月4日朝、北朝鮮が中距離弾道ミサイルを発射し、北海道にはJアラート全国瞬時警報システムで警戒が呼びかけられました。

 4日午前7時22分、北朝鮮がミサイルを発射し、道内には政府の緊急警報「Jアラート」が響きました。

 ミサイルは、青森付近の上空を午前7時29分ごろに通過し、午前7時44分ごろ日本の排他的経済水域EEZの外に落下しました。

 JRや地下鉄は一時運転を見合わせましたが、順次運転を再開しました。

 市民:「家なので地下とかもないわけだから、どうしようかと」

 市民:「ウクライナの件があるので、もしかしたらとか怖いなと思った」

 田中 うたの 記者:「釧路市内の小学校は一時、自宅待機になっていましたが、再開され児童たちが通学しています」

 また、サンマ漁が最盛期を迎えている道東の根室市では、不安の声が上がっています。

 サンマ漁師:「漁をしている最中で、なかなか急に情報も入ってこないので、どかんと落ちてきたらすごく怖い」

 鈴木 直道 知事:「現時点での被害など情報は確認されていない。船舶などの安全確認を徹底するよう指示をした」

 道は、4日午前10時から緊急会議を開き情報収集を続けています。

 これまでのところ被害は報告されていません。

直近のニュース