北海道ニュース UHB

「勤務姿を見せたかった」パトロールせず不倫女性と会う…40代巡査部長処分 北海道警

2019年3月20日21:00
 不倫相手の成人女性に会うためパトロールを怠ったとして、北海道警察の40代の男性巡査部長が減給処分となりました。

 減給処分となったのは、北海道内の警察署の地域部門で働く40代の男性巡査部長です。
 巡査部長は2018年6月から11月ごろ、当時不倫相手だった成人女性に会うため、自身が担当するパトロール時間だった午後9時から2時間、パトロールをしませんでした。

 巡査部長は、2時間のパトロール時間のうち1時間を女性と過ごし、パトロールをしなかったにも関わらず、上司や日誌には「パトロールしていた」とうその報告をしていました。

 2018年11月に「不倫をしている人がいる」という趣旨の通報があり、巡査部長の関与が発覚しました。

 巡査部長は「申し訳ないことをした。勤務している姿を見せたかった」と話していて、制服姿でパトカーに乗り、待ち合わせ場所の駐車場に1人で出かけたということです。

 北海道警は、巡査部長を3か月間10%減給の懲戒処分とし、「職員の指導・監督をさらに徹底する」とコメントしています。

直近のニュース