北海道ニュース UHB

北海道新幹線東京-新函館北斗 青函トンネル内高速化 4時間切りで利用率アップ期待

2019年3月16日18:08
 JR北海道のダイヤ改正で北海道新幹線の一部が東京-新函館北斗間を3時間台で結ぶことになりました。

 ダイヤ改正により北海道新幹線は16日から、東京-新函館北斗間の上り1本、下り2本を最短3時間58分で走行します。

 JR北海道はこれまで、貨物列車の荷崩れを防ぐため青函トンネル内の速度を140キロに制限していましたが、160キロに速度を上げても、安全性に問題がないことが分かり時間短縮となりました。

 乗客:「(青函トンネル内のスピードアップ)あんまりわからなかった」「割とあっという間の感じでした」「青函トンネル通っている時間短いなと確かに思いました」

 2017年度98億円の赤字となった北海道新幹線ですが、高速化による利用率アップが期待されます。

直近のニュース