北海道ニュース UHB

昨夜から7件! クマの目撃相次ぐ 札幌清田区と北広島 集団登校など警戒続く 北海道

2019年4月22日12:05
 21日夜から22日にかけ、札幌市清田区と北広島市でクマの目撃が相次ぎました。

 付近には小学校があり、21日には集団登校を行うなど警戒を続けています。現場から木村洋太記者がお伝えします。

 今私は、日付が変わった午前0時すぎにクマが目撃された北広島市の大型商業施設の近くにいます。

 この場所には長さ15センチほどの足跡らしき痕跡がクッキリと残されています。

 クマはこちらの別の商業施設の駐車場でも目撃されていて、警察がパトカーで負うなどした結果、木の生い茂っている札幌市清田区の方へ逃げたということです。

 21日夜から22日朝にかけて相次いで目撃されたクマ。目撃情報は計7件にのぼります。

 最初の目撃は21日夜11時15分ごろ、札幌市清田区美しが丘のコンビニ近くの路上に体長1メートルほどのクマがいるのを近くに住む30代の男性が見つけました。

 クマは、コンビニの駐車場から道道を横断し、公園や神社などにいるのを住民に目撃されたあと、北広島市の商業施設の駐車場で警察官がパトカーで追うと、午前0時30分ごろ札幌市の里塚霊園の方角に逃げ去ったということです。

 また、この地域から2.5キロほど離れた札幌市清田区平岡地区でも目撃情報があり、警察と市が確認を急いでいます。

 21日夜、最初にクマが目撃された場所からわずか150メートルの美しが丘緑小学校では、22日朝、集団登校が行われたほか、保護者が登校に付き添いました。

 学校関係者:「子どもたちが安全に登校してくれれば。それが心配。 まとまって帰るようにしている」

 警察と札幌市は周辺をパトロールするなど警戒を続けています。

直近のニュース