北海道ニュース UHB

新生クレインズ誕生へ! 運営資金にめどで選手安堵 「恩返ししたい」 北海道釧路市

2019年4月23日17:32
 先月、廃部となった釧路のアイスホッケーチーム「日本製紙クレインズ」。

 新チーム誕生のめどが立ち、選手にも安堵の表情が広がっています。

 22日、日本製紙と面談した選手たち。多くが残留の意思を示し、資金も一定額集まったことから存続にめどが立ちました。

 重野駿佑副主将:「釧路に残って釧路のチームに尽力すると最初から決めていた」

 梁取慎也選手:「釧路でまた何か起こせたら良いですし、恩返しをしたい。このチームでプレーしたいと伝えました」

 上野拓紀主将:「みなさんの温かい気持ち、感謝を忘れずに。フルで色々活動できれば」

 西脇雅仁選手:「釧路でまたユニホーム姿を見せられれば良いと思います」

 これまでに運営資金1億2500万円にめどがつき、運営会社はアジアリーグ加盟を申請し、23日承認されたということです。

直近のニュース