北海道ニュース UHB

【北海道の天気 5/20(月)】オホーツク海側で暴風 砂埃・火の取り扱いに注意を

2019年5月20日12:20
 (吉井庸二気象予報士が解説) 午前11時50分現在

 こちらは、きのうの安平町の菜の花畑です。丘一面に黄色い絨毯が敷かれているようで、とてもきれいでした。

 今年は気温が高い日が多かったためか、例年より1,2週間くらい早く咲き進んでいるようです。

 きょうからフォトコンテストの応募も始まるみたいなので、ぜひ参加してみてください。きょうも菜の花の開花が進む暑さになっています。

◆現在の気温
 オレンジ色は20℃以上、赤は25℃以上の地点です。道北やオホーツク海側ですでに25℃を超えています。一方、太平洋側は白色の10~15℃の地点が多くなっています。

 気温が上がっている原因は、強い南風です。太平洋側や東部を中心に風が強く吹いています。現在、暴風警報が、斜里町、清里町、小清水町に発表されています。きょう夕方にかけて警戒をしてください。

◆20日午後の天気と予想気温
 太平洋側は雲が広がりやすく、所々で弱い雨の降る所も。オホーツク海側は南風が強く、砂ぼこりで視界の悪くなるところもありそう。車の運転は注意をしてください。

 予想最高気温です。道北やオホーツク海側で25℃以上の夏日となります。高温、強風、乾燥は花粉が飛びやすい条件です。花粉対策・火の取り扱いにも注意をしてください。

◆週間予報
 日本海側とオホーツク海側です。あすは、雨風がともに強く荒れた天気になります。傘は役に立たない可能性があるので、レインコートがおすすめです。水曜日以降は晴れて、週末は再び暑くなりそうです。土曜日は札幌の小学校で運動会も行われます。暑さ対策が必要になりそうです。

 太平洋側です。あすは、山沿いを中心に100ミリ前後の大雨になる可能性があります。急な斜面では、土砂崩れなどに注意をしてください。水曜日以降は、平年を上回る気温が続きそうです。

直近のニュース