北海道ニュース UHB

売り上げは30万円近くに 精神安定剤 インドから4200錠密輸・販売 37歳男を逮捕・起訴

2019年6月19日17:27
 2018年、精神安定剤4200錠をインドから密輸し、インターネットサイトで無断で販売したとして、東京都の37歳の男が逮捕・起訴されました。

 東京都の飲食店従業員・坪井雄太郎被告(37)は去年3月と8月、無許可での輸入が禁じられた精神安定剤「エチゾラム」4200錠をインドから密輸し、無断で自身の医薬品販売サイトで売ったとして、逮捕・起訴されました。

 価格は医師が処方した場合の最大10倍で、売り上げは約30万円に上る見込みです。

 薬を購入した北海道と静岡県の男女も、書類送検されました。

 坪井被告は調べに「営利目的だった」と話していて、2016年から去年までの約2年間で、全国の数百人に数万錠を密輸・販売したとみられています。

 「エチゾラム」は、昏睡強盗事件に悪用されるとして、3年前に個人輸入が禁止されました。

直近のニュース