北海道ニュース UHB

子孫残すため…必死のジャンプ! サクラマスの滝越え<北海道の自然シリーズ>

2019年7月16日20:00
 今、北海道東部の清里町の「さくらの滝」では、サクラマスの滝越えのジャンプがピークを迎えています。サクラマスは、産卵のために高さ3メートルもある滝を、何度も跳ね返されながら、必死にジャンプを繰り返します。清里町の観光協会によると、これだけ大きな滝をジャンプする場所は世界的にも珍しいそうです。

 その高さゆえに、さくらの滝を超えられるのは、全体の1割にも満たないほど。私も1時間ほど見ていましたが、20~30回ジャンプをする様子が見られましたが、滝を超えられたサクラマスは確認できませんでした。

 サクラマスの滝越えは、6月下旬ごろから始まり、水温が最も暖かくなる7月下旬から8月上旬にピークを迎えます。特に、日差しで水温が上がる夕方が最も飛びやすいそうです。

 サクラマスが、なぜこの滝を超えて産卵をしなければならないのかは分かりませんが、何十年、何百年と受け継がれて、子孫を残し続けています。

 何度もあきらめずにチャレンジする姿は生命の力強さとともに、自然の厳しさも感じることができます。ぜひ、みなさんも北海道の自然を体感してみてはいかがでしょうか。

 (気象予報士 吉井庸二)

直近のニュース