北海道ニュース UHB

北方領土での共同経済活動 ロシア側"ごみ対策"の視察が終了 「これからも議論を」

2019年8月23日17:23
 日本とロシアが北方領土で行う予定の共同経済活動。

 このうち、ごみ対策事業の実施に向けて北海道根室市を訪問していたロシア視察団が23日朝、根室港から戻りました。

 19日から根室市を訪れていたロシア側の訪問団は23日までに、市内のごみ焼却場などを見学し、資源ごみの処理方法などを学びました。

 日本とロシアは平和条約締結に向けて、ごみ対策や観光ツアーなど5つの分野の共同経済活動を進めることで合意しています。

 ロシア側の視察団:「私たちはまだ最初のステージに立っているだけで、これからも議論していきたい」

 ただ、事業について、どちらの国の法的な枠組みで行うのかといった問題はまだ解決されていません。

直近のニュース