北海道ニュース UHB

転覆受け 運輸安全委が漁協で調査開始 海保は周辺で操業していた漁船から聞き取りへ 北海道

2019年9月19日12:27
 サンマ漁船の転覆事故を受け、19日朝から国の運輸安全委員会の事故調査官が現地入りし、原因を特定するための調査を開始しました。

 事故調査官2人は、午前9時に慶栄丸が所属する大樹漁協を訪れ、1時間にわたり当時の状況などを聞き取りました。

 午後は、慶栄丸が帰港する予定だった根室に向かいます。

 運輸安全委員会 末門賢巳事故調査官:「私共としましても乗組員の無事を祈っているところでございます。一方で、本船は転覆しているので、事実関係について情報収集を開始したというところです」

 一方、根室海保は、慶栄丸が転覆する直前まで近くで操業し連絡を取り合っていた漁船が、18日夜根室に帰港したことから、午後にもこの船の船長から、当時の詳しい状況について聞き取りを行う予定です。

直近のニュース