北海道ニュース UHB

基準地価 札幌は7年連続上昇 小樽の商業地も下落から上昇転じる 北海道

2019年9月19日18:56
 19日公表された道の基準地価で札幌市は、住宅地、商業地ともに7年連続の上昇となりました。

 札幌の住宅地は中央区のほか、厚別区など郊外でも高い上昇率となったほか、商業地でもホテル用地としての需要が高く、いずれも7年連続の上昇となりました。

 一方、これまでと違った動きとなったのが小樽市です。

 小樽駅周辺にはホテルやマンション用地の需要を背景に大きく上昇した地点があり、商業地では下落から上昇に転じました。

 一方、上昇率が住宅地、商業地ともに全国1位となったのは、後志の倶知安町で別荘用地として外国人需要が高いことや、北海道新幹線の札幌延伸への期待を反映しているとみられます。

直近のニュース