北海道ニュース UHB

「受動喫煙ゼロの実現」 北海道 受動喫煙防止条例の説明会を各地で開催

2019年9月20日19:15
 北海道は、年度内に成立を目指す受動喫煙防止条例に関する説明会を20日から各地で開きます。

 道が20日旭川市で開いた説明会。

 道内は喫煙率や肺がんの死亡率が高いため、道は受動喫煙対策の強化が必要としています。

 年度内に成立を目指す受動喫煙防止条例は「受動喫煙ゼロの実現」と「20歳未満の人や妊婦に特に配慮する」ことを基本理念にしています。

 条例の骨子には保育所や幼稚園、学校の敷地内を完全禁煙とするほか、20歳未満の人がいる場所では喫煙しないよう務めることなどが盛り込まれています。

 道は道民の意見を聞く、パブリックコメントを10月10日まで募集しているほか、道内各地で説明会を開くことにしています。

直近のニュース