北海道ニュース UHB

「お仕置きでやった」 深夜 札幌市郊外に子ども置き去り 父親再逮捕

2019年9月20日19:37
 2019年9月6日深夜、北海道札幌市で10代前半の長女と長男を郊外の霊園付近に置き去りにしたとして、38歳の父親が再逮捕されました。

 保護責任者遺棄の疑いで逮捕されたのは、札幌市清田区の会社員の38歳の父親です。

 父親は2019年9月6日午後10時30分ごろ、札幌市南区にある真駒内滝野霊園の入り口近くに、10代前半の長女と長男を置き去りにした疑いがもたれています。

 現場は札幌市郊外の山の中で街灯もほとんどありませんでした。

 2人はその後近くを通った車に手を振り助けを求め、運転していた女性に保護されて午前0時30分ごろ、交番に送り届けられました。

 調べに対し父親は容疑を認めた上で「外食の時の行儀が悪いのでお仕置きでやった。最初から置き去りにするつもりはなかった」などと供述しているということです。

 父親はこの前日に、2人の背中や臀部をプラスチック製のバットで複数回殴りケガをさせたとして逮捕されていました。

 2人はすでに児童相談所に保護されています。

 警察は継続的な虐待がなかったか調べています。

直近のニュース