北海道ニュース UHB

突然の"札幌開催"に「時間がない!」 五輪マラソンまであと9か月…受け入れ体制に課題も

2019年10月18日12:10
 東京オリンピックのマラソンと競歩の札幌開催が現実味を帯びる中、札幌市などは受け入れに向け対応を急いでいます。

 IOCのバッハ会長は17日、カタールでのオリンピック関連の総会で、「マラソンと競歩を札幌市に移すことを決めた」と述べました。

 こうした動きを受け、受け入れ先となる札幌市役所では・・・

 新崎真倫記者:「突然の札幌開催案から一夜明け、札幌市では情報収集や対応に追われています」

 札幌市スポーツ局国際大会担当部 安田聡さん:「時間がないという中で、しかも突然入ったきたニュースではあるが、一丸となって大会成功に向け全力をあげていく」

 新崎真倫記者:「札幌ドームが起点となる可能性が高いということです。そうなると国道36号線がコースになるかもしれません」

 周辺の住民:「世界で走っているのがここだけだと思ったら胸がドキドキする」「せっかくのチャンスなので見たいという気持ちが十二分にあります」

 北海道マラソンでの実績がある札幌ですが開催まで9か月、受け入れへ向けてはホテルや警備、ボランティアの体制をどうするかなど多くの課題も残されています。

直近のニュース