北海道ニュース UHB

【札幌市】新型コロナウイルス 感染確認7人…年齢性別等非公表の者など 道内延べ1117人に

2020年6月6日17:00
 札幌市は6月6日、市内で新型コロナウイルスの感染者7人を新たに確認したと発表しました。


 感染が確認されたのは以下の7人です。


▼年齢・性別・居住地・職業・国籍・渡航歴 全て非公表とする者
▼90代女性(無職)
▼年齢・性別を非公表とする無職の者
▼60代女性(自営業)
▼性別・職業を非公表とする60代の者
▼70代男性(無職)
▼年齢を非公表とする男性(勤医協中央病院の患者)

 札幌市によりますと7人中5人は感染ルートなどがわかる「リンクあり」の状態だということです。

 このうち年齢・性別・居住地・職業等非公表の者は、6月に入り知人が新型コロナに感染したためPCR検査したところ陽性であることが分かったという事です。

 札幌市は、年齢・性別などの情報を非公表とするケースが多いことについて「感染防止のために必要と判断すれば公表する場合もあるが、基本的に患者本人の希望に合わせて対応している。今回は調査に協力が得られているので問題ない」と説明しています。

 勤医協中央病院の患者は5月29日に発症し、6月5日に感染が判明しました。症状は「中等症」だということです。これでこの病院での感染者は計17人となりました。

 道も1人の感染者を確認していて6日の感染者は計8人となりました。道内の1日あたりの感染者が1桁にとどまるのは13日連続です。これで道内の感染者は延べ1117人となりました。

直近のニュース