北海道ニュース UHB

「ジョークのネタにすべきではない」 小池都知事"北方領土発言"でロシア側も不快感

2019年10月18日19:04
 不適切発言にロシア側も反発です。

 東京オリンピックのマラソンと競歩の開催地の変更を巡って、小池東京都知事が「北方領土でやったらどうか」と発言したことについて、在日ロシア大使館は「ジョークのネタにすべきではない」などと批判しました。

 小池東京都知事:「涼しいところでというなら、北方領土でやったらどうか?くらいの事を連合から声を上げていただいた方がいいのではないかと思うくらい」

 東京オリンピックのマラソンと競歩の開催地変更を巡る小池都知事の発言。

 この発言に対し、在日本ロシア大使館は18日、フェイスブックにコメントを掲載し「日本には涼しい土地が十分あるはずです。そこに北方領土は含まれていません」とロシア側の主張を強調しました。

 さらに「スポーツは団結すべきもので、対立を引き起こすジョークのネタにすべきではない」とも述べ、発言を批判しました。

直近のニュース