北海道ニュース UHB

「猟銃使用での過失は重い」シカと見間違え誤射した男に有罪判決 北海道

2019年6月26日20:15
 2018年11月、恵庭市の山林で森林事務所の男性職員を猟銃で誤って撃ち、死亡させたとして、業務上過失致死の罪に問われていた男の裁判で、札幌地方裁判所は執行猶予つきの有罪判決を言い渡しました。

 札幌市の美容室経営、佐孝英司被告(40)は2018年11月、恵庭市の山林で恵庭森林事務所の職員菅田健太郎さん(当時38歳)をシカと見間違えて猟銃で撃ち、死亡させたとして、業務上過失致死の罪に問われていました。

 26日の判決で、札幌地裁の中川正隆裁判長は「猟銃を使用して狩猟を行うものは、細心の注意を払うべきであり、これを怠った過失は重い」と指摘する一方、被告は「この先何を償えるか、生涯をかけて考える」と述べているとして、禁錮2年執行猶予5年の有罪判決を言い渡しました。

直近のニュース