UHB RECRUIT 2019 [北海道文化放送リクルートサイト]

フロンティア精神を忘れず豊かな明日の北海道をひらこう/ユニークな企画と楽しい番組でUHBを大きく発展させよう/信頼と協調で夢と希望に満ちた職場をつくろう

社員メッセージ:UHBで働く社員を紹介します

技術局 送信技術部

伊藤 裕一郎    技術総合職/2013年入社

今どのような仕事をしていますか?

放送が常に維持できるように、北海道各地にあるテレビ送信所、送信機の保守管理を担当しています。そのため機器状況の監視や点検、調査を行っています。また視聴者からの受信相談(技術的)も行っています。
また、映像ソフト部兼務としてカメラマン業務も行っています。 若いうちから色々な仕事を経験させて頂いています。

友人、視聴者からUHB観てるよ!と言われた時や、自分の成長が感じられたときに、今の仕事をしていて良かったな!と思います。

就職先をUHBに決めた理由は?

テレビが好きだった、テレビ業界に興味があったことが一番のきっかけです。技術インターンシップに参加して、UHBの雰囲気が自分にあっていそうと感じたので決めました。

UHBに入社してよかった(嬉しかった)ことは?

フジテレビ系列のつながりが強いため、全国各地に知り合いができ、お互い仕事の質を高め合うことができることに楽しさとうれしさを感じます。
中継など、その場でしか味わえることが出来ない瞬間に立ち会うことができることが、この仕事の喜びにつながっています。

学生時代、社会人(UHB社員)になるためにどのような準備をしましたか?

自分を客観的に見直すこと。
自分の経験が今後の人生においてどのような武器になるか考えることだと思いいます。

どのような人(学生)といっしょに働きたいですか?

色々な角度、目線から気持ちを考えられる人。
※自分も意識していることです。

就職活動を行う学生にメッセージをお願いします。

自分自身も周りの方々に力を頂いて今があると思っています。
みなさんも苦しい時は、家族、友人、先輩など周りの人と協力し合い、自信をもって就職活動を乗り切って下さい!

社員メッセージ一覧に戻る