UHB RECRUIT [北海道文化放送リクルートサイト]

フロンティア精神を忘れず豊かな明日の北海道をひらこう/ユニークな企画と楽しい番組でUHBを大きく発展させよう/信頼と協調で夢と希望に満ちた職場をつくろう

社員メッセージ:UHBで働く社員を紹介します

技術局 送信技術部映像ソフト部

伊藤 裕一郎    総合職技術/2013年入社

今どのような仕事をしていますか?

主に北海道に全157か所あるテレビ送信所の保守、管理をしています。番組に携わった出演者、制作者、技術スタッフの方々など、様々な方が作り上げた思いを電波にのせて、最終的に視聴者へ確実にお届けするのが送信技術部の使命です。そのため、日々電波状況の確認や機器設備の点検、保守を行っています。裏方で決して目立つことはない部門ではありますが、重要なポジションを担っています。
また映像ソフト部兼務としてカメラマン業務を担当しています。主にスタジオカメラやスポーツ中継のカメラを担当することが多いです。まだ若手(?)ではありますが、UHB技術局員として様々な場面で活躍の機会を与えて頂いております。

印象に残っている業務は?

胆振東部地震です。私は緊急対応で稚内送信所を担当しましたが、道内各局が総出で協力し合い、出来るだけ多くの方々がテレビを観られるよう努めました。体力的にも精神的にも大変厳しい出来事でしたが、インフラ設備を担当する一人として、当たり前を当たり前にする大変さ、重要さを改めて実感する経験となりました。

仕事のやりがいは?

技術部門では特にFNS系列のつながりが強いので、全国各地に同志がいてお互い高め合うことができます。また中継現場など、その時その場でしか味わうことが出来ない瞬間に立ち会うことが出来ることや、結果が割りとみえやすいので、良いも悪いも自身の成長を感じやすいのもやりがいの一つかなと思います。

UHBに入社してよかったことは?

好きなスポーツの中継に携われたり、フェスで好きなアーティストのライブカメラを担当させて頂けたことです笑。自分の好きなことだと俄然やる気が出るので、探究心も沸き、それ以外の仕事でも波及していけるので楽しく仕事ができていると思います。

あなたのワーク・ライフバランスは?

プロダクションで結成された草野球チームに参加させて頂いています。私は元々高校まで野球をしていたこともあり、日頃のストレスを発散でき、みんなでわいわいして楽しいです笑。また普段一緒に仕事をすることがない方ともコミュニケーションをとれる良い機会になっていると思います。

就職活動を行なう学生にメッセージをお願いします

自分自身も大変苦しい時期を過ごした経験がありますが、そんな時も周りの色々な方々に力を頂いて今があると思います。その経験があったからこそ今に繋がっていることもあると感じています。みなさんも家族、友人、先輩などお互い協力し合い、自信をもって乗り切って下さい!!

社員メッセージ一覧に戻る