UHB RECRUIT 2019 [北海道文化放送リクルートサイト]

フロンティア精神を忘れず豊かな明日の北海道をひらこう/ユニークな企画と楽しい番組でUHBを大きく発展させよう/信頼と協調で夢と希望に満ちた職場をつくろう

社員メッセージ:UHBで働く社員を紹介します

総合ビジネス開発室

倉田 彩加    一般総合職/2014年入社

今どのような仕事をしていますか?

テレビ局の仕事には、番組を通じて、視聴者に情報を伝えるだけではありません。
総合ビジネス開発室は、イベント運営(北海道 meiji cup・北海道マラソン・さっぽろ雪まつり・コンサート・美術展等)、海外番販、国際共同制作など、「放送とは異なる形」で、北海道で暮らす皆さんに「エンターテインメント」をお届けします。
イベント運営は、企画から実施まで1年以上かかります。特に担当している「北海道マラソン」や「さっぽろ雪まつり」は北海道のビッグイベントなので、関わっている人数がとても多く、ミスのないようきちんとした情報共有のほか、安全にイベントを終了させることが大切です。
会場でお客様の笑顔や喜びの反応を見て、今後のイベント企画に繋げていくことも大切ですが、何よりも支えて下さったスタッフの皆様に「くらたさんと働けてよかった」と言われることが一番嬉しいですし、自分のやる気に繋がります。

就職先をUHBに決めた理由は?

「UHBの「明るさ」「人柄」です」。
「生まれた北海道に貢献したい!」「北海道の魅力を国内外にPRしたい!」という想いがありました。中でも世の中への影響力が強い媒体は、テレビ局だと思ったので応募しました。
特にUHBは、地元密着なイベントに力を入れていると感じました。また海外事業にも力を入れていると聞き、私が住んでいたポートランドは札幌と姉妹都市ということもあったので、自分の語学力や海外経験を活かしたいと思いました。

学生時代、社会人(UHB社員)になるためにどのような準備をしましたか?

マスコミ対策は特にしていませんでした。
しいていうならば、最新の動向をニュースでチェックしたり、テレビを欠かさず見ていました。今思うと、「やらなきゃいけない!」というマスト感で実践していたのではなく、「自然に」意識していたことがよかったのかもしれません。

就職活動を行う学生にメッセージをお願いします。

「色んな会社説明会に参加するべし!」
就活の時しか、たくさんの会社を見て、比べる機会はないと思います。どの業界に興味があるかリサーチし、色んな会社の説明会に参加した方が良いと思います。
実際に働いている人たちの声やお話を聞くと、それぞれの会社の色や考え方を知ることができます。HPや就活本だけでは分からないことがたくさんあり、いい意味で違う部分に出会えます。
時間も労力もかかって大変かと思いますが、人生一度っきりと思って頑張ってください!

社員メッセージ一覧に戻る