UHB RECRUIT 2019 [北海道文化放送リクルートサイト]

フロンティア精神を忘れず豊かな明日の北海道をひらこう/ユニークな企画と楽しい番組でUHBを大きく発展させよう/信頼と協調で夢と希望に満ちた職場をつくろう

社員メッセージ:UHBで働く社員を紹介します

技術局 放送システム部

越智 実咲    技術総合職/2012年入社

今どのような仕事をしていますか?

社内のパソコン、サーバ、ネットワークなどを管理する情報システム業務と放送準備業務を担当しています。
情報システム業務は、パソコン、サーバ、ネットワークなどを管理しています。
社内の問い合わせ対応やセキュリティ対策など、社内の情報機器全般に携わる仕事です。
放送準備業務は、放送に必要なすべての情報(時間、放送素材、音声モード、信号など)を収集した「運行データ」の作成・チェックをしたり、放送素材をプレビューし問題がないか確認する仕事です。
見逃してしまうと放送事故につながることもあるため、様々なことに注意しながら業務にあたっています。

仕事をしていて、どのようなときに楽しみ(嬉しさ)を感じますか?

社内からの「こういうことがしたい」という要望に、今あるシステムでどのように解決できるか考え、実行していくことです。時にはお断りしなければならないこともありますが、「ありがとう」と声をかけてもらえる場面が多く、嬉しく感じています。情報システムの仕事はどの企業にもあり珍しい仕事ではありませんが、テレビ局の基幹システムを扱ったり、課題を解決した先に「テレビ」をつくっている環境があるということが特徴だと思います。

就職先をUHBに決めた理由は?

元々テレビを見るのが好きでしたが、その中でも特によく見ていた局だったため、親しみがありました。また、インターンシップに参加した時、社員の皆さんがやりがいや会社のことを笑顔で語ってくれたことが印象的でした。エントリーシートも面接も、私の就職活動の中で最初の会社でとても緊張しましたが、雰囲気がよく、自然体で話すことができたことも、働きたいと思った理由のひとつです。

仕事と育児の両立で、心がけていることはありますか?

妊娠中から子育て中の現在まで、周りの皆さんが気にかけてくれたり、急に休まなければならなくなった時も協力をいただいています。迷惑をかけてしまう場面もありますが、時間的な制約がある分、以前よりも優先順位を意識して計画的に業務にあたるよう心がけています。
子どもとは日中離れているため寂しい気持ちももちろんありますが、朝晩や休日の家族の時間がとても貴重で大事に思えることは良いことだと私は考えています。
UHBでは、育児をしながら働いている女性社員が増えています。今後、育児に限らず、また男女問わず、多様な働き方が増えてくる中で、技術的にお手伝いできることがないか模索中です。

学生時代、社会人(UHB社員)になるためにどのような準備をしましたか?

ごく一般的な就職活動の準備しかしていません…。思い返すと、インターンシップや会社見学は色々な会社の中を見られる貴重な体験だったと思います。

社員メッセージ一覧に戻る